10月31日は恒例のハロウィン。ハロウィンシーズンに盛りあがるハロウィングッズを各ジャンルごとにまとめてみました。
昨年のハロウィンではどのようなグッズが売れたのでしょうか?

何はともあれコスプレ!

まず、誰もが真っ先に思い浮かぶのがコスプレですね。
最近はどの街でもハロウィン当日の仮装イベントが繰り広げられるようになり、帰宅の電車は仮想した格好のままといった人もちやほや見られます。
もともとは、古代ケルトでは10月で一年が終わるとされていて、11月からは暦が変わっていました。その最終日である10月31日は霊界との境界がなくなり、死者の霊や悪霊・魔女などが現世にやってきては子供たちをさらってゆくと考えられていたのです。そんな悪霊たちから子供たちを守るために、子供達に霊の仮装をさせて、死者と聖者の区別がつかないようカモフラージュさせた事が始まりとされています。

その後この行事がキリスト教の考えが深いアメリカに渡り、キリスト教の祝日である11月1日の『万聖節(All Hello)』の前日である事から『All Hello eve=Halloween(ハロウィーン)』と呼ばれるようになったと言われているのです。

ですので、コスプレの基本はお化け? 死者や悪霊なのです。
現在ではそんなのかんけーねーとばかりに、単なる仮装パーティーと化してしまいましたが、クリスマス同様、日本独自の輸入文化と捉えて深いこと考えずに楽しみましょう。

イベント参加に欠かせないメイク

仮装の醍醐味は衣装のみならずメイクも重要な要素ですよね。
日ごろと全く違った自分を演出する絶好のイベントです。ありえないくらい怖いメイクやリアルメイクで誰よりも目立ちましょう!

子どもはこれがないと始まらない!お菓子

”トリック・オア・トリート”と言えば、子どもへのお菓子。
地元の幼稚園でも、意味がわからないまま”トリック・オア・トリート”と叫んで周辺の商店街をお散歩する集団がちらほら見られます。可愛らしいお子さん達が喜ぶお菓子を沢山用意しておきたいですね。

コスプレだけでは飽き足らないグッズ

コスプレや雑貨以外にもハロウィン・グッズはたくさんあります。
1年でこの日以外使わないじゃんって物もありますが、場を盛り上げる必須アイテムをご紹介します。

飾り付けもやっぱり大事!インテリア雑貨

街もハロウィン一色となれば、自宅や店内でも何となくハロウィンでの飾り付けをしたくなるものです。
収穫祭の意味合いも付加された現代ハロウィンではカボチャがシンボルとなり、どこかしこにカボチャの作り物やオレンジ色でデザインされた雑貨で溢れています。

どこへ行くのが一番楽しい?

誰とイベント参加するかにもよりますが、お子さんが一緒なら地元の商店街のイベントなども楽しいものです。
また、恋人や友人と一緒ならディズニーランドやUSJなどの遊園地も視野に入れて検討したいものです。
せっかく仮装していつもの自分と違う者へなりきるのですから、場所も思いっきり変えてみるのもありだと思います。